男女のダイエット方法、リバウンド防止法は違う!

 

ダイエットでも男性女性は痩せ方が違う!

24/7ワークアウトでダイエットに成功したあと、リバウンドししてしまった方は少ないのですが、やはり少づつ体重は戻ってしまう事はあります。男女はもともと体のつくりや筋肉の量が違うのに、同じダイエット法とリバウンド対策でよいのでしょうか?

 

これは確かにうなずける疑問で、それぞれの体質や性別年齢に適さないリバウンド防止法だと効果は薄れるでしょう。

 

条件が異なれば、リバウンドしたときの状態にも差異があらわれやすくなり、違いにに適した対処法も必要です。

 

 

男性は脂肪がお腹の内臓まわりにつきやすい内臓脂肪型で、女性は脂肪が皮膚の下につく皮下脂肪型が多いと言われています。

 

つまり男性は内臓脂肪やお腹周りの脂肪を落とすダイエット、女性は皮下脂肪や全身の脂肪を落とすダイエットが向いていると言えます。

 

リバウンドした場合も、男性は内臓脂肪、女性は皮下脂肪が元に戻ってしまうことになるでしょう。

 

男性は女性よりも筋肉が付きやすく筋肉量が多いため、確り筋トレをすれば筋肉が付きやすく、筋肉量が増えることで基礎代謝があがりトレーニング効果が出やすいと言われています。

 

また、年を取るほど基礎代謝も下がり筋トレの効果が出にくいので、園辺りも考慮する必要があります。

 

内臓脂肪はトレーニングによって皮下脂肪より落ちやすく、効率よくやればリバウンドする前に手を打つことが出来ます。

 

このため、男性の体質はダイエットに成功しやすいとタイプと言われています。

 

女性のリバウンドどの様な習慣をを身につければ良いのか?

 

 

また、女性は男性よりも基礎代謝が低く筋肉量が少ないため、リバウンド後は男性とは異なるトレーニングが必要です。

 

年をとるほどトレーニングによる基礎代謝が上がる効果が短いので年をとるほどトレーニングの回数も必要となります。

 

1人でのジムでの筋トレは多くの女性にとってなかなか出来ないと思いますので、自宅での腕立て伏せや、腹筋で十分だと思います。

 

 

また、女性がリバウンドする多くの原因はキツすぎる食事制限とどか食いの連続でバランスを崩す事なのでなので、規則正しい生活もリバウンド防止に有効です。

 

男性も女性も、まずは性別・年齢・運動経験など考慮した上で正しい生活や運動習慣を心がけることが大切です。
それぞれの体質に適したダイエットを実践することで、リバウンドを回避することが出来ます。